柔軟性の必要性・意味とは?

公開日: 

体の柔軟性をあげる意味とは?

柔軟性を高めると
身体にはどんなメリット効果があるのでしょうか。

身体の柔軟性を高めることのメリットについて
調べると、

大きく分けて「健康面」「運動(スポーツ)面」の2つで
良いことがあると言われていました。

【健康面でのメリット】

・血行が良くなる

・心身の老化防止

・リラックス効果・疲労回復効果

・関節への負担を減らす

【運動面でのメリット】

・ケガの予防になる

・演技を美しく魅せる

・身体能力が上がる

主に、

筋肉がほぐされて、筋温が上がり、
血行が良くなることで
得られる効果が大きいようです。

血行が良くなり、
リラックス効果などもあるということで
ダイエットに取り入れるのも良さそうですね。

では、

運動面でのメリットである
“身体能力が上がる”こととはどういうことでしょうか。

(↑リンク先:楽天市場)

柔軟性を高めると身体能力が上がる?

柔軟性を高めると、なぜ身体能力があがるのかというと

それは、
関節が(無理なく)動く事ができる範囲の大きさ
に大きく関係してきます。

例えば、ボールを投げる動作についてですが、

もし筋力・その他の身体条件が同じなら、

『肩の関節が硬くて、腕が動く(まわる)範囲が30センチしかない人』と(←例えです)
『肩の関節が柔らかくて、腕を動かせる(まわる)範囲が90センチある人』では、

どちらが、速いボールを投げられるかというと、

後者(関節が柔らかくて腕を90センチ動かせる人)の方です。

なぜなら、後者のボールにはより“勢い・加速力”がつくからです。

筋トレなどで、筋力を鍛えると、
パワーは上がるかもしれませんが、

柔軟性が無く、関節の可動域がガチガチのままでは
動かすことができないという事でしょう。

身体能力をあげる際に、
筋力と柔軟性の両方からアプローチすると良いというのは、
こういうことですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑