ヨガとピラティスどっちを始めたら良い?

公開日: 

ヨガとピラティスはよく比較されます。

「どっちもやったことはないんだけど、
 始めるならどっちを選んだらよいのだろう…」

と、考える方も多いのではないでしょうか。

目的が違えば、選ぶエクササイズも違ってくると思いますので、
今回は、ヨガとピラティスのそれぞれの特徴・違いについて簡単に紹介致します。

ヨガの主な特徴

ヨガ(ヨーガ)は、インドの修行法が発祥です。

ヨガのエクササイズ面での
大きな特徴のひとつは、柔軟性があがること

柔軟性があがり、しなやかな筋肉ができることで、

血行が良くなって無駄な脂肪が減ったり、
関節への負担が減ってケガの予防になったりするのですが、

柔軟性をあげるエクササイズでは、
リラックス効果を得る事もできます。

よく、自分に柔軟性が無いことで
ヨガを諦める方もいますが、
むしろ柔軟性が無い方が、ヨガを通して効果を感じやすいです。

【ヨガで考えられるメリット・デメリット】

■メリット
・柔軟性があがる(しなやかな筋肉をつくる)
・種類が豊富で、専門の教室が比較的多い
・体幹・インナーマッスルも鍛えられる
・リラクゼーション効果も感じられる

■デメリット
・ヨガに関する哲学が、一見 宗教的に見えてしまうことも。
 (苦手だな…と感じた時は、よりエクササイズを主体とした教室を選んだり、
  良いなと思うところだけ、取り入れるようにするといいと思います。)

ピラティスの主な特徴

ピラティスは、
ドイツ人看護師のジョセフ・ピラティス氏によって
元々はリハビリのために考案されたエクササイズです。

大きな特徴のひとつは、インナーマッスルを効率的に鍛えられること。

インナーマッスルは、身体のより内側にある筋肉で、
主なマシントレーニングでは鍛えにくい筋肉です。

鍛えにくい分、鍛えると効果が顕著にあらわれる方も多く、

インナーマッスルを鍛えることで
身体を機能的に使えたり、姿勢がきれいになったり、
怪我のリスクを減らす効果も期待できます。

【ピラティスで考えられるメリット・デメリット】


■メリット
・体幹・インナーマッスルを効率的に鍛えられる
・より効率的に骨盤や身体の歪みを矯正していく

■デメリット
・筋トレ要素が強く、人によっては単調に感じてしまうことも。

ヨガとピラティスの違い・決め方のポイント

このように、
ヨガとピラティスは、その発祥が全く異なります。

その違いについて簡単にまとめると、

ヨガは、柔軟性の要素が強く、
ピラティスは、筋力トレーニングの要素が強いと言えるでしょう。

ただ、どちらもダイエット効果が期待でき、
健康的な身体を作る上で、

場所を選ばず、始める上で年齢や性別も関係ありません。

まずは、両方体験してみるのがおすすめです。

本・DVDなど、自宅で始めるなら『初めてのヨガ・ピラティス』など
初心者向けのものを選ぶと良いですが、

インターネット上でで動画を探してみるのも良いかもしれませんね。

教室に通って指導者ののもとで行うのが一番おすすめですが、
その時は、1回体験の制度があれば積極的に利用しましょう

特にヨガは目的や流派、難易度によって
たくさんの種類があるので、
教室は、何軒かはしごしてみるのが良いです。

(↑リンク先:楽天市場)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑