早期閉経 兆候は

公開日: 

早期閉経・早発閉経に兆候はあるのでしょうか。

早期閉経・早発閉経とは

日本人の閉経年齢の平均は、50~51歳ですが、

それより早い
40歳以上45歳未満の閉経を「早期閉経」
40歳未満の閉経を「早発閉経」といいます。

1年以上生理が来ない場合、閉経と診断されますが、
閉経自体は、年を重ねた女性なら誰にでも起こることです。

更年期症状がひどくなる人がいたり
骨密度の低下や、コレステロール値の上昇、
血管の病気のリスクが高まる人などがいたりと影響もさまざま。

ただ、閉経が「早期」「早発」となると

その後の病気のリスクが人より増えることがわかっています。

心疾患・脳卒中のリスクが倍増する可能性も指摘されていて
死亡率(早死にする可能性)が高くなるとも言われているのです。

早期閉経・早発閉経の兆候がある方は、
婦人科でその診断を受けることができ、

内診やエコーで子宮内膜の状態をみたり、
血液検査を行うことになる事になるでしょう。

では、早期閉経・早発閉経の兆候にはどんなものがあるのでしょうか。

早期閉経・早発閉経の兆候とは

早期閉経・早発閉経の兆候としては、
基本的に、「月経の変化」「更年期症状」など
早期・早発では無い閉経の兆候と同じです。

一般的には月経の出血量・回数が減っていく兆候がある方が多いよう。
ただ、若いと「更年期症状」の兆候は出ない方も多いそうです。

●月経の変化

・月経が2~3ヵ月無い、もしくは無いことがあった
・月経の出血量が少なくなる
・月経の周期が短くなったり長くなったりと不規則
・月経で、出血は少ないが長期間続く

                       など

●更年期症状

・ほてり
・のぼせ
・汗が大量に出る
・冷え
・イライラ

        など

それに加え、45歳以下の早期閉経・早発閉経となると
なりやすい可能性がある生活習慣や体質というのもあります。

●生活習慣・体質

・喫煙習慣
・もともと生理不順
・不妊治療の経験
・家族で早期閉経・早発閉経だった方がいる

               など

まずは、月経の周期に異常を感じたら、
婦人科で相談することをお薦めします。

治療・対処について

「早期閉経」「早発閉経」は病院では病気と診断され、

飲み薬・塗り薬などの
女性ホルモン補充療法(HRT)で治療していくのが今は一般的のようです。

他、女性ホルモンの材料を補う食事療法や
漢方の力を借りて行う早期・早発閉経対策もあるので、

担当の先生と相談しながら対処していけると良いですね。

(参考↑リンク先:楽天市場)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑