ショウガオールとは?効果は?ジンゲロールとの違いは

公開日: 

ショウガオールという成分をご存知でしょうか。

生姜(しょうが)に含まれる成分なのですが、
生の生姜にはほとんど含まれていません

では、
ショウガオールとは?その効果とはジンゲロールとの違いは等について
ご紹介致します。
プリント

ショウガオールとは

ショウガオールとは、ショウガの辛味成分のひとつです。

生姜を乾燥したり加熱した時
生の生姜に含まれるジンゲロールという成分の一部が変化して
ショウガオールになります。
(ジンゲロールの水分子のようなものが外れた状態になるよう)

ショウガオールに変化する前のジンゲロール
ショウガオールは全く別の成分であり、その働きも違うので、

しょうがを生で食べるのと、加熱・乾燥して食べるのでは
その効果・効能は全く違ってくるのです。

ショウガオールとジンゲロールの効果の違い

ジンゲロールもショウガオールも
身体を温めようとする効果があるのですが、温め方が違ってきます。
ショウガオール


生のしょうがに多く含まれるジンゲロールは、
手先、足先といった身体の末端部分を温めます。

血流をよくして、身体の深部にある熱を手先・足先に運ぶのです。

ただ、これでは身体の深部にある熱はその分奪われていくので、
逆に身体を冷やす事もあります。

一方、

生姜に熱が加えられて乾燥してできるショウガオールは、
身体の深部に熱を作り出して身体を温める効果があります。

ジンゲロールの方が身体の温め効果は強いと言われています。

それ故、

ジンゲロールは、身体を温める効果よりは、その殺菌効果の方が注目されていて、

冷え性などの改善には、ショウガオールが有効と言われています。

また、

身体を温めると、血流が改善され、栄養素や酸素がいきわたりやすくなり、
免疫力もアップするという効果も期待できます。

ショウガオールが効率的にとるには

中国漢方で
生姜を乾燥させたの生姜(ショウキョウ)
生姜を蒸して乾燥した乾姜(カンキョウ)というのがあります。

両方ショウガオールが豊富です。

乾姜は生姜よりも値段も高いのですが、
ショウガオールの量もより豊富で、
ショウガオールを効率的に摂取することができます。

(↑リンク先:楽天市場)

自宅で生姜を加熱したり乾燥するなどして
ショウガオールを摂取するのも良いですが、
効率よく摂取したい場合は、
漢方の力を借りても良いのかなと思いました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑