歓迎会 大人数でできるゲーム

公開日: 

歓迎会の飲み会の席で、
ゲームをして盛り上がったらきっと楽しいですよね。

今回は、大人数でもできるゲームを2つご紹介します。

大人数でゲームを行うポイント

大人数だけど、せっかくの歓迎会なので
全員に参加してもらいたいです。

だから、

大人数でゲームを行うコツとしては、
最初にチーム分けをすること。

チーム分けをすると、
強制的に人数が少なくなるので、
一人一人が発言しやすい雰囲気が出来やすいからです。

まずは、チーム内でゲームしてもらって
チーム内で勝った代表者を集めて決勝戦をする、

もしくは、
チーム毎にチーム対抗戦を行うようにすれば
チーム内で小さな団結力も生まれて
盛り上がりやすくなると思います。

ゲームの内容を知っている人を
各チームに1人は配置できるようにすると尚、良いです。

簡単にチーム名を考えてもおもしろいですね。

大人数でできるおすすめゲーム

●せんだみつおゲーム

最初にチーム分けをしてゲームを行い、
あとで決勝戦をすると良いゲームです。

まずは輪になりましょう。
ある人が「せんだ」と言いながら誰かを指差します。
差された人は「みつお」と言いながら他の誰かを指差します。

今度はその指を差された人の両側の人(2人とも)が
ナハッナハッ」(両手を顔の横に上げて前後に動かしながら)
っとギャグを行います。

今度は「みつお」と言った時に差された人から
「せんだ」と言いながら誰かを指します。

以下、その繰り返しで、ミスした人が脱落。
脱落者がなかなか出ないときはテンポを早くしましょう。

「せんだ→みつお→ナハッナハッ」の流れではなくても、
2013年の今なら「前田 →敦子 →フライングゲット」でもOK。

●伝言ゲーム

1チーム10人前後のチーム対抗戦にすると良いゲームです。
司会者は、あらかじめいくつかの文章を用意しておきましょう。

チームごとに一列になり、
司会者が、最初の一人だけに正しい文章を覚えさせます。

あとは周りに聴こえないように耳打ち(他の人は指で耳栓しても良い)
しながら、そのチーム内で順番に文章を伝言していき
最後の一人が、最初に伝えた通り、正しい文章を言えたらOK。

何人目で間違えたのか、誰が間違ったかを探すと盛りあがりやすいです。

伝言ゲーム文例:

山手線に乗ったら、渋谷駅で13人乗ってきました。
目黒駅で5人降りて、品川駅で21人乗ってきました。

田中くんは、午前中に○○製薬に挨拶に行き、
お昼にカレーを食べて、午後は○○会社に行きました。

(↑リンク先:楽天市場)

歓迎会に予算があれば、景品があると良いですが、用意できなくても、

優勝者・優勝チームに全員で大きな拍手をすると、良い締めになりますよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑