氷砂糖の使い道は?どんな料理に使う?

公開日: 

氷砂糖は、どんな料理に使っていますか?

氷砂糖は何かのレシピのために一度購入しても、
他の用途がわからず、余らせてしまう方も多いよう。

今回は、氷砂糖の使い道や、特徴、
どんな料理に向いているかなどについて簡単にご紹介致します。

氷砂糖の特徴は

●氷砂糖の主な特徴

・砂糖の主成分であるショ糖の純度が高い
・賞味期限が長い
・ゆっくり溶ける

氷砂糖の特徴としては、
他の砂糖(上白糖や黒砂糖など)に比べて、
ショ糖の純度が高いという点があげられます。

他の砂糖には、ショ糖の他に

甘味が少し強いと言われる転化糖
料理の味にコクをもたせるようなミネラル分などの割合が
少し多くなっているので、

場合によっては、
ショ糖以外のそれらの味が
一緒に料理する素材(食材)の風味を邪魔してしまうことがあります。

しかし、

氷砂糖はショ糖の純度が極めて高く、ほとんど余計なものは含まれていないので、
素材の風味を生かした料理を作りたい時に向いているのです。

あと、

氷砂糖にはゆっくり溶けるという特徴もあります。

これは、梅酒を作るときの材料である砂糖に、
氷砂糖を使うことの理由にもなります。

梅酒を作るときに梅などと一緒に入れる砂糖(液)は、
梅のエキスを引き出すために、
はじめは薄くしだいに濃くしていくのが望ましいとされてるのですが、

氷砂糖は、他の砂糖よりもゆっくり溶けるので、
はじめは薄く、しだいに濃く、という状態が実現するのです。

【送料無料】砂糖の事典 [ 日高秀昌 ]

【送料無料】砂糖の事典 [ 日高秀昌 ]
価格:2,730円(税込、送料込)

(↑リンク先:楽天市場)

氷砂糖の使い道

氷砂糖は、そのままでは溶けにくいということを除けば、
基本、他の砂糖と同じようにも使うことができますが、

氷砂糖の特徴を生かした使い道として、
素材の風味を生かしたいときの料理がおすすめできます。

例えば、

・甘露煮
・煮豆
・ぜんざい
・梅シロップ
・果実酒
・和菓子

などです。

すき焼きの割下の材料としておすすめしている方もいました。
他の砂糖のかわりに使うなら、分量も一緒でかまいません。

普段使っている砂糖の代わりに、氷砂糖を使えば、

そのクセのないすっきりとした上品な甘みで、
素材の香り・風味を引き立ててくれるでしょう。

溶けづらいと感じるかもしれませんが、
が加わると溶けやすくなります。

また、

氷砂糖は湿気や虫などに気をつければ
長期保存が可能なので、

例えば、果実酒を作るために購入した氷砂糖を
次の年までとっておいて、
また果実酒の材料として使用することができます。
(もちろん見た目等、氷砂糖の状態が悪くなっていれば使用を中止して下さいね)

長期保存が可能だという点においては、
いざというときの保存食(飴のように食べてもOK)としても有効です。

色んな種類の砂糖がありますが、それぞれの特性を知って上手に使い分けられると良いですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑