ダニアレルギー 症状は?原因と対策は?

公開日: 

ダニアレルギーにはどんな症状があるのでしょうか。

梅雨時で家庭内のダニの繁殖が気になる時期ですが、
ダニがいることで引き起こされる

ダニアレルギーの症状、その原因と対策について簡単にご紹介致します。

プリント

ダニアレルギーとは?その症状と原因など

ダニアレルギーとは、
ダニが原因でおこるアレルギー症状のことです。

家庭で引き起こされるダニアレルギーは、
チリダニ(ヒョウヒダニ)が原因となるものがほとんどで、

寝具や畳などで増えたチリダニ、
チリダニのフン、脱皮の殻、死がいなどを

人間が大量に吸い込んでしまったり、
皮膚や目に付着するとアレルギー症状が出る場合があります。

主な症状としては、

・くしゃみ、鼻づまりなどの鼻炎症状
・ぜんそく、せき
・アトピー性皮膚炎
・喉のかゆみ


などです。

また、

お好み焼き粉など、粉の食品
ダニが大量に繁殖したものを使った料理でも

急性アレルギー症状が起こることがあります。

その原因は、チリダニ、コナヒョウヒダニ、ケナガコナダニ、
その死がいやふんなどで

ダニの繁殖したお好み焼き粉で
加熱調理をしたものを食べた直後に症状を引き起こしたという
症例もあります。

主な症状としては、

・吐き気
・下痢
・じんましん
・呼吸が苦しくなる


などです。重症化すると死亡する場合も…。

(↑リンク先:楽天市場)

ダニアレルギーの対策は

ダニアレルギー対策としては、
フン、脱皮の殻、死がいなどを取り除いて
できるかぎりのダニを退治し、繁殖させないことです。

室温20℃~30℃、湿度が60~80%
ダニは繁殖しやすいといわれています。

湿気をできるだけ取り除き、ダニの発生しやすい

・床や畳
・ふとん
・ぬいぐるみ
・カーテン


などを中心に、

掃除機や、天日干し、丸洗いなどの方法を駆使して
取り除いていきましょう。

ふとんの丸洗いは、年に何回も行うのは厳しいかとは思いますが、
シーツをはずして丁寧に掃除機をかける駆除方法は有効とされています。

ふとんに掃除機をかけることで、除去できるのは、
表面にいるダニと、布団の中のダニのフンのみですが、

布団の中にいるダニは繊維に絡まって
あまり表には出てこないので、
とりあえずはそれでOKなんだそう。

粉製品で繁殖しやすいのは、
お好み焼き粉やホットケーキミックスだといいます。

常温で輪ゴムで止めるだけではだめで、
開封後は冷蔵庫で保管し、早めに食べきるという対策が推奨されていました。

ダニを100%退治するのは難しいですが、
粉製品に寄せ付けない事と、定期的に対策を施すのは重要ですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑