塩分補給方法(夏の熱中症対策)での注意点など

公開日: 

熱中症の対処のひとつとして、
水分補給とともに、塩分補給があります。

環境省の熱中症環境保健マニュアルにも
熱中症を疑った時の現場での応急処置として、

大量の汗が出た場合、

対策として冷たい水を摂取するときは
汗で失った塩分を適切に補うことができる
経口補水液やスポーツドリンクなどを最適とし、

食塩水(1リットルに1~2グラムの食塩)の摂取も
対策として有効としています。

     >>熱中症環境保健マニュアル(環境省)

では、塩分補給で注意したいこととは?

013837

注意点は塩分の取り過ぎ

夏の熱中症対策での塩分補給で間違えないようにしたいことは、

軽い熱中症の場合は、
塩分補給は必要なく、水分補給でも充分とされているので、

屋外での運動などで
長時間(30分~)大量の汗をかいた時以外は、

特に塩分の補給を意識しなくても良いということです。

ただでさえ、普段から日本人は
塩分の過剰摂取が問題になっているので、

塩分の摂取は普段の食事の分だけで十分なのだそう。

以前、ためしてガッテンでもやっていたのですが、

熱中症対策として水分補給を行うと同時に、塩分補給を考えるのは、

・玉の汗を長時間かく場合
・腕などを水洗いしてから、なめてもしょっぱい場合

の2点でした。

つまり、

熱中症予防には、
こまめな水分補給をメインとして、

塩分補給は定期的に行ったりせず、

特に大量の汗をかくときの場合のみ
塩分補給を実施する必要があるということです。

経口補水液とは?スポーツドリンクとの違い

では、熱中症で大量に汗をかいた場合に推奨されている
経口補水液(けいこうほすいえき)とは何かと言うと、

水分や塩分などをすばやく補給できるように調整された飲料です。

熱中症の他、
下痢、嘔吐などの脱水症状の治療にも用いられます。

製品一例としては、

・OS-1(大塚製薬)
・アクアライトORS(和光堂)

などがそう。

・アクエリアス(日本コカ・コーラ)
・ポカリスエット(大塚製薬)


などのスポーツドリンクと何が違うかというと、

スポーツドリンクも
水分補給として優れているのですが、

スポーツドリンクは、経口補水液よりも
糖分が多く含まれているのが大きな違いのひとつです。

糖分は運動での疲労予防に役立つからです。

塩分に関してはスポーツドリンクの方が少ないことが多いよう。

ただ、

スポーツドリンクも、製品によって
それぞれ成分に違いがあります。

屋外でスポーツをするなど、
塩分補給が必要になってくる方は、

糖分や塩分の含有量や味を比べて
自分好みの逸品をみつけるのも面白いんじゃないでしょうか。

飴やタブレットで
塩分を補給するときは、
食べすぎによる塩分の取り過ぎにも気をつけて下さいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑