快眠の秘訣は?~朝と夜の過ごし方

公開日: 

夜中に何度も目が覚めたり、
寝ても疲れがとれないのは辛いですよね。

快眠には秘訣があるようです。

その秘訣のひとつは、
体内時計の乱れを整えること。

体内時計とは、
生体リズムを維持するために生物に備わっているもので、
きちんと整えられていれば
夜になると自然に体を休息状態へ持ち込み、眠りに導いてくれます。

この体内時計が乱れると、不眠の原因になるのだとか。

では、

どうやって、体内時計を整えるのでしょうか。

それには、起床後1時間と就寝前1時間の過ごし方
コツがありましたので、紹介させて頂きます。

起床後1時間の過ごし方

朝は、光を浴びるなどして、
体内時計を活動状態にすることが重要です。

・朝日をしっかり浴びる
 朝の光は目覚めを助けてくれます。
 体内時計が動き出し、1日を始める正しいリズムが整えられます。

・毎日決まった時間に起きる 
 なるべく決まった時間に起きることで、
 体内時計を一定に保ちます。
 たくさん寝たいときは、起きる時間を遅くするよりも、
 寝る時間を早めたり、少しの昼寝をするのが効果的なのだとか。

・朝食をとる

・好きな事から1日を始めて起きる楽しみをつくる
 (読書や音楽鑑賞・散歩など5~10分程度)

就寝前1時間の過ごし方

朝、体内時計を活動状態にすると、
14~16時間経過後、身体は休息状態に導かれます。

それを誘導するように、夜は
眠りの準備期間はゆったりとすごすことが快眠へ導くコツです。

・就寝1時間前には、部屋の照明を暗めにする
 刺激を避けてリラックスし、
 眠りを誘うホルモン「メラトニン」の分泌を促します。

・布団の中ではなるべく考え事をしない

・激しい運動は避ける

・ストレッチをする

・体をあたためておく 
 副交感神経を働かせ、体をリラックスさせるお風呂は、
 1時間前から1時間半前に入っておくとよいと言われています。

就寝の30分前に蒸気で体をあたためてリラックスを促すグッズもあります。
 (↓リンク先:楽天市場)

快眠の秘訣・その他

一度乱れた体内時計を整えるには、
1週間から1カ月かかると言われています。

朝と夜の過ごし方に注意してみて下さい。

また、

あまりに不眠が改善しないときは、医者に相談することも重要です。

快眠の秘訣(その他)

・寝る時はパジャマを着る
 ジャージなどではなく、
 睡眠のためにつくられたパジャマを着用することで、
 寝返りがスムーズになり、無駄な披露を蓄積しません。

・昼間は活動的に行動する

・快眠アイテムを使ってみる
 (寝具にこだわったり、
  リラックスグッズや睡眠計を使って分析してみるなど)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑