気象病とは?対処法・対策は

公開日: 

「気象病」とは

比較的短期間(その日の間、又は2日間程度)の気象の変化が原因で、
体調に影響が出る病気のことを言い、

症状には、例えば

・天気が悪い日は古キズがうずく
・雨が降るとうつ病がひどくなる
・雨が降ると、腰痛がでる
・気温が急に下がると、関節が痛む

といったものがあります。

その症状は単に気のせい、気分の問題ではないか?と
感じる人もいると思いますが、

気圧・気温・湿度や日照などの気象は
人間の体に大きな影響を与えることがわかっています。

気象と体調の関係(一例)

気温が急に下がる
 体は体温を保とうとして、血圧が大きく変動する
 それが脳疾患や心臓病の原因になる

気温が高い
 体がちゃんと熱を放出できないと熱中症の原因になる
 尿が少なくなり、結石ができやすくなるともいわれている

湿度が低い
 喉などを乾燥させ、咳が出たりウィルスに感染しやすくなる

他、

気圧の急激な変化は、体の内部からの圧力とバランスを崩し、
体調を変化させるきっかけにもなります。

  

気象病の対処法・対策について

・ゲリラ豪雨・寒冷前線の通過
・朝と昼の気温差が激しい
・前日との気温差が激しい
・湿度が低い

などの気象の急激な変化は、

気圧や気温を急変させ、
気象病を引き起こす要因になります。

寒くなりそうであれば着込める準備を、
乾燥しそうなら、湿度対策をと、

それぞれ気象が体に負担をかけすぎないような対策が有効だということです。

004858

持病があれば、悪化させる可能性がある気象条件を
事前に把握しておくことも大切ではないでしょうか。

気象と心筋梗塞・心不全・脳卒中予防に関しては
広島県医師会のホームページ
広島県 心筋梗塞・脳卒中予報」(予報は広島県内のみ)

も詳しかったです。

もし、

気象の変化と体調の悪化に心当たりがあれば、
カレンダーなどに、

体調の悪化とその日の気象の様子を同時に記録しておくと
医者が、体調悪化の要因を判断する参考にもなるそう。

人間は、自然と切っても切り離せない生き物なのだと言うことを
気象病からも実感させられました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑