FP3級 合格率 は (2011~2012)

 
FP3級の合格率について調べました。
 
2012年5月27日に実施した合格率をみると、
 
・学科 70.42% 
・個人資産相談業務(実技) 66.82%
・保険顧客資産相談業務(実技) 64.19%
 
2012年1月22日に実施した合格率は、
 
・学科 73.03% 
・個人資産相談業務(実技) 79.15%
・保険顧客資産相談業務(実技) 67.69%
 
2011年9月11日のものは
 
・学科 63.31% 
・個人資産相談業務(実技) 67.26%
・保険顧客資産相談業務(実技) 43.32%
 
2011年5月22日は、
 
・学科 71.80% 
・個人資産相談業務(実技) 72.96%
・保険顧客資産相談業務(実技) 60.04%
 

と、43.32%と低いものもありますが、
だいたい60~79%あたりの合格率になっているようです。
 
※数字は 社団法人 金融財政事情研究会ホームページから
 
これがFP2級だと、
20~50%前後まで合格率が下がります。
 
初めてFPの試験を受ける方でも、
FP3級は、入門的な内容で学習しやすい資格だと言われているので
受けやすいんじゃないかと思います。
 

(↑リンク先:楽天市場)
 

自分は記憶力が悪い?

 
FPなど、資格の勉強では必須である
記憶力についてですが、
 
自分は記憶力が悪いと思ったことはないでしょうか。
 
でも記憶力の良し悪しは、ほとんどの場合
生まれつきのものでは無いという話を聞きました。
 
どんなに記憶力が良い人でも
時間が経てば忘れてしまうものなのだそうです。
 
忘却曲線」というデータはご存知ですか?
 
一旦 記憶したものを、平均何時間で忘れるかを示したものです。
 
これによると
 
覚えてから1時間後にはすでに50%程度を忘れ、
24時間後には25%程度しか覚えていないようになっているとか。
 
この傾向に個人差はほとんどないといわれています。
 

では、
 
なぜ記憶力の良し悪しがでてくるのかというと、
 
それは、記憶力が良い人は忘れてしまう前に
適度に、思い返すようにしているからだとか。
 
記憶力が悪い人は、覚えたらそれっきりということが多いのです。

 
記憶力には適度な反復を利用すると、
記憶力を向上に、つなげることができそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました