光化学スモッグとは その原因は‥

光化学スモッグとは、大気汚染による公害のひとつです。

発生すると、
もやがかかったように大気が白くなり、

目がチカチカしたり、のどの痛みを訴える人を出すなどの
被害を出すことがあります。

そのため、各自治体から
“光化学スモッグ注意報”などが発令された際には、
特に、子供を外出させないような対策をとる必要があります。

では、

光化学スモッグとは
具体的に何が原因で発生するのでしょうか‥。

光化学スモッグの原因とは

光化学スモッグの原因物質は、

光化学オキシダントというものです。
(オゾンが主成分)

この物質が一定濃度を超えた時に、
各自治体から予報や注意報・警報などが発令されます。

では、その

光化学オキシダントはどのように発生するのかというと、

工場のばい煙(けむり・すす)や自動車の排気ガスなどの窒素酸化物、
塗料などに含まれる揮発性有機化合物(VOC)などが

太陽の紫外線を受け
光化学反応を起こすことで発生します。

排気ガス・塗料など

光化学反応

光化学オキシダント

そのため、光化学オキシダント濃度が一定量を超えて
光化学スモッグ注意報が発令されるときには、

住民への呼び掛けとともに

大きな工場などに対して、
燃料使用の削減なども要請されるとのこと。

また、

光化学オキシダントが高濃度になるには、
風が弱く、気温が高め(最高気温が25℃程度)であるなどの
気象的な条件が必要になるため、

光化学スモッグは夏に多く発生することも特徴のひとつです。

光化学オキシダントと似たようなものに
PM2.5(2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質)があり、

これも大気にもやをかけ、
特に人体の呼吸器へ影響が心配されていますね。
(こちらは、日本国内だけではなく、
 の偏西風による大陸からの影響も懸念されています)

現在は、“低排出ガス車”の認定制度も整備されたりしていますが、

どちらも注意喚起されたときだけではなく、
減らしていくための対策が普段から必要とされてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました