グリーンゲイブルズがある国ってどこ?(赤毛のアン)

最近、アニメ『世界名作劇場 赤毛のアン』
(1979年 日本アニメーション制作 全50話)を観始めました。

アンは孤児院からグリーンゲイブルズのマシュウとマリラ兄妹の所に
引き取られることになりますが、
グリーンゲイブルズをはじめ、赤毛のアンの世界は、
実際に存在する地域が舞台となっています。

その舞台がどの国の、どのあたりなのか調べたら

カナダのプリンスエドワード島でした。

グリーンゲイブルズって、私はなぜか地名だと勘違いしていたんですけど
マシュウとマリラ兄妹(カスバート家)の
家のことを言っているんですね。

グリーンゲイブルズ(Green Gables)とは

直訳は、「緑の切妻屋根(きりづまやね)」です。
切妻とは、開いた本をひっくり返して机に置いた時の形のような屋根の形を言います。

あの地域は、同じ苗字が多かったみたいで、
「~のアン」というのに、「緑の切妻屋根のおうち(のカスバート家)の子のアン」と
いった感じで、どこのカスバート家のアンなのか分かるように
「グリーンゲイブルズのアン」と、言いました。

カナダのプリンスエドワード島には、
グリーンゲイブルズ(緑の切妻屋根のうち)が建てられ、
観光地となっています。

地図(Google Mapより)を交えて、
もう少し場所などを詳しく見ていきます。

(緑の切妻屋根)

カナダのグリーンゲイブルズの場所(地図)

赤毛のアンの舞台である
プリンスエドワード島は、カナダの東端にある島です。

まず、カナダから見ると、
プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズ(再現された観光地)はこのへんです。(赤い目印のあたり)

ちょっと拡大すると、
プリンスエドワード島付近はこんな感じでした。

緯度を調べると、
稚内(わっかない、北海道)よりもちょっと北に位置し、冬は雪が多いとのことです。

実際のグリーンゲイブルズ

赤毛のアンの作者である、ルーシー・モード・モンゴメリ
このプリンスエドワード島で生まれ育ちました。

赤毛のアンに出てくる風景は、
実際にプリンスエドワード島の風景がモデルとなっています。

グリーンゲイブルズの家の形のモデルは、
モンゴメリの親戚の家だったのだそう。

現在も、プリンスエドワード島国立公園内に、
グリーンゲイブルズの家が、物語の時代の風貌で再現され、
家の中の展示物も見学できるようになっています。

赤毛のアンのファンなら、一度は訪れてみたいと思う
大定番の観光スポットでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました