紫外線対策 サイクリングにオススメなのは

公開日: 

サイクリングにとっても良い季節となってきましたが、
自転車に乗っている時の紫外線が気になりませんか?

多量に紫外線を浴びると、
シミやしわ、たるみだけではなく、
皮膚がんの危険性も高まってきます。

特に長時間の屋外活動となるサイクリングには、
紫外線に対抗するための準備をしておいた方が良いでしょう。

色々な対策グッズを組み合わせて
肌の露出を少なくすると良いのですが、

ひとつ使うだけでも、だいぶ防ぐ事ができます。

自転車で紫外線対策いろいろ

サイクリングでの紫外線対策にも
さまざまな種類があります。

・帽子・サンバイザー

・長袖シャツ(色の濃いシャツの方が紫外線は通しづらい)

・日焼け止めクリーム
 (スプレータイプで、簡単に塗り直しできると楽)

・UVカット効果のあるサングラス

・スカーフ(巻いて首を守る)

・UVカット用手袋・アームカバー

帽子は、暑さ対策にもなりますね。

風で飛ばされにくく、疲れないものがおすすめ

自転車の紫外線(UV)対策として、
グッズを選ぶポイントとしては、

・自転車で受ける風によって、飛ばないようにすること
 (帽子など、必要ならひもやゴムを使用する)

・長時間使用しても疲れないもの
 (普段から使用しているものや、しめつけすぎないもの)

・UVカット表示がついているもの

が挙げられます。

中でも評判が良いのは、
『フリルネックU.T.E.』という、
帽子とスカーフが一体型になっているもの。

(↑リンク先:楽天市場)

NHKおはよう日本「まちかど情報室」でも
紹介された紫外線対策グッズです。

サイドに垂れている布が気になるんじゃないか…と
最初は思うかもしれませんが、

用途に応じて
サイドの布をたたたんで帽子のように被ったり、

砂埃がひどい時は、マスクのように前を隠したりと、
被り方にバリエーションが色々あるのが最大の特徴です。

風に飛ばされにくいので、
首のあたりに空間ができるような被り方をすれば、
サイクリング中などの気持ちい風を感じることもできそうです。

個人的には、丸洗いできるのと、
布のカラーが豊富なのが良いなと思います。

“紫外線防止指数は最大UPF50+”と、布自体の紫外線防止機能もあるので

顔周りの紫外線対策は、これひとつあると
だいぶ楽になるんじゃないでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑