グリラーミニ(グリルプレート)のレビュー

今ほとんど使用していない魚焼きグリルを活用したくて、
グリラーミニ(GRILLER MINI)を購入しました。

買い足したものや、使用感について紹介いたします。

グリラーは、

・魚焼きグリル(IHのグリル可)
・直火(IHの天面は不可)
・オーブン
・トースター
・電子レンジ

で使用できる蓋付き耐熱陶器です。

食材をグリラーミニに入れて調理することで
直接グリルの網にのせずに済むので、
魚焼きグリル庫内の掃除が楽になると思い購入しました。

グリラーは、ふつうのサイズと、このミニサイズがありますが、
グリラーミニはふつうのグリラーの約65%程度の容量になります。
(ミニ=幅約13.5㎝、奥行き約21.5cm、高さ約5㎝)
今使っている魚焼きグリルの庫内が狭いため、
ミニサイズにしました。

実際に手に取ると、
1人分のメイン料理(もしくは副菜)を作るのにちょうどよいサイズだなと
思いました。
ミニサイズでもずっしり重たいです。

↓入っているもの(本体、蓋、レシピ付き説明書)

↓一般的なティッシュ箱より、少し小さい感じです。

↓蓋のバーコードははがします。

↓本体裏面

大きいグリルなら、グリラーミニを2つ並べることも
できるんでしょうね。

買い足したもの

グリラーミニを買うのにあたって
買い足したものは、

・鍋つかみ(軍手2枚重ね、耐熱温度200度以上のもの)
・鍋敷き(できれば、蓋を置く用に、2枚あると良いと思います)

です。
蓋の裏と、本体の底に薄く油を引く必要(絶対ではない)があるので

・オイル引き

もあると、より作業がスムーズに進むと思います。
キッチンペーパー(さいばしなどで挟む)を使って広げても、
薄くきれいに仕上がります。
私は、とりあえずスパチュラ状のもので代用しました。

使用感・レビュー

早速使ってみました。

とりあえず、試しに、冷凍庫にあった
冷凍皮つきポテトとチーズを使って、
チーズポテトを作ってみることに。

冷凍皮つきポテトは、
オーブンだと20分焼くと良いと冷凍ポテトの袋に書いてあったので、
20分魚焼きグリルに蓋付きで入れてみることにしました。

蓋の裏側と、本体の底に、油を薄く油をひきます。(食材がくっつかないように)

蓋が閉まっているので、
焼き加減、火の通り加減は、一回一回蓋を開けてみなければわかりませんね。
何回か挑戦すると、どれぐらいの時間でちょうど良いのか
わかってくるのだと思います。

今回は、予定通り20分で、
中までホクホクにすることができました。

グリラーミニのまま、電子レンジ調理も可能なので、
グリルに入れる前にレンジ調理をしておけば、
もっと、短い時間ですむのかもしれません。

チーズはそのあとにのせて、
蓋を外して焼き目を少しつける感じで調節。

料理は得意な方ではないのですが、
簡単なのにそれなりに、作ることができました。
黒で、目立っていなかっただけかもしれませんが、
器への焦げ付きもなかったです。

他の方の口コミでもよく目にしていたのですが、

何より、調理した器のまま
食卓に出せるので、洗い物がひとつ減ったのが思った以上に楽でした。

グリラーミニは、焼く前に少し油を引きますが、
フッ素加工がしてあるグリルプレートなら
その手間ははぶけるかもしれません。

購入する際は、魚焼きグリルに(ある程度余裕をもって)入るかどうか
サイズをしっかり確認しておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました