きのこの冷凍保存方法は?期間はどれくらい?

公開日: 

きのこの冷凍保存方法・保存期間についてご紹介致します。

底値でまとめ買いし、
冷凍して長く保存できれば節約にもつながりますね。

きのこは生のままで冷凍でき、
解凍せずに凍ったまますぐ加熱調理できます。

ぜひ、きのこの冷凍テクニックを覚えて活用して下さい。

きのこの冷凍保存方法・期間

きのこ(しいたけ・シメジ・えのきだけ)の
冷凍保存方法は次の通りです。

1)石づきを取り除く。

2)汚れがついている場合は、
 布巾やキッチンペーパーでふき取る。

   ※この時、黒ずんでいる箇所(鮮度が落ちている箇所)は取り除いておきましょう。
   ※基本、きのこは水洗いの必要はありません。
    水気がついたまま凍らせると、風味が落ちる原因になります。

3)使いやすい大きさに切り分ける。
   ※手でさいても良いです。
    そのままの大きさで加熱調理ができるように
    食べやすい大きさに切っておきましょう。

 
4)使用しやすい調理1回分ずつ、ラップで包む。
   ※凍りやすいように平らに包むようにします。
    急速に冷凍できた方が、鮮度を保ちやすいからです。

5)ジップロックなどの冷凍用保存袋に入れて、
 なるべく空気をぬいて密封する。

   ※ここで、袋に冷凍した日付を書いておくと、
    保存期間がわかりやすいです。
   ※空気を抜くのは、酸化や冷凍臭を防ぐためです。
    袋では無く、密封できる容器でも良いです。

6)冷凍庫に入れる。

保存期間の目安は、家庭では3週間前後までです。

簡単に言うと、キノコの冷凍保存は、

生のまま(火は通さない)
使いやすい大きさに切って小分けに冷凍すればOK。

冷凍したものを使うときは、
凍ったまま加熱調理(炒め物やスープなど)ができます。

しめじ・えのき・しいたけ・エリンギの
素材別にラップをしても良いですが、

何種類かを混ぜ、ひとつにまとめてラップし、
キノコミックスとして冷凍保存しておいても使いやすいですよ。

(こういう本もありました↑リンク先:楽天市場)

冷凍するとキノコは臭い?

キノコは、冷凍することによって旨味成分も増えるのだそう。

ただ、

キノコ冷凍することで、
旨味だけはなく、雑味が増えるものもあります。

人によっては、臭い…?と感じることもあるかもしれませんね。

エノキやエリンギは、雑味が少ないので、
冷凍しても、雑味は気にならないかと思いますが、

ブナしめじはしいたけは、もしかしたら気になるかもしれません。

これは、ほとんどが、
キノコの栄養分である、アミノ酸によるものです。
旨味成分であると同時に、雑味のもとでもあります。

気になるキノコについては、
炊き込みご飯や汁ものなど、
味付けをしっかりほどこす料理で使うようにすれば
雑味を活かすことができるでしょう。

また、

エリンギやブナシメジの場合、
冷凍するとや歯ごたえがやわらいでしまう場合もあります。

気になる方は、冷凍する場合、
細かく刻むなど、食感が気にならない料理に使用すると良いかと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑